ホワイト社会が来るとは

ホワイト社会が来るとは

ホワイト社会が来るとは

私も常々…感じていた。

私はyoutubeやMVを数多く見聞きします。                             その中で最も感じることは、『最近のTVに出るような人(主にタレント・歌手・コメンテーターなど)の変わり様』です

私は昭和生まれのジジイで、当時のタレントさんや歌手さんなどは、容姿は二の次の方も多く、先ずは「芸事」が最優先でした。

しかし、今は「ブサイク・汚い・不潔」な人は見かけません。「ブサイク」な方も、それなりに綺麗な肌だったり、オシャレな服装で【小ざっぱり】魅せています。

私は男性なので、特に男性陣には目が行きます。                          妻からの指摘も影響力が大きく、日々の『清潔さ』は「人」としての欠かせない常識になりました。

やはり、平成・令和と時代が進むうちのに社会の常識やモラルも変わり、今は「女性」の発言や、、権利を取り戻しつつある社会ですから、その意見や意識は尊重するべきです。

また、スマホによる意識革命も密やか進んでいる。今は密やかミュートが進み、勝手な人は選別され‥気が付けば仲間はずれになってしまうようです。

ホワイト社会とは・・

ホワイトとは白であり、清潔・綺麗を意味し、今は清潔と綺麗が【正しい】【正義】という『意味』なようです。私の育った時代と以前の時代は不潔・汚い(etc)に真実や本音が隠れていて、日本人はそれを肯定していました。

当ブログに『ホワイト社会』に関連する記事、【VIVANT(別班)は本当にあった】と                         【自由と束縛とは】という上記の文章に絡む記事があります。    よれれば読んで頂ければ幸いです。                また、『ホワイト』という意味を連想するMⅤを紹介します。LOVE GAME -HD版  Namie Amuro

ホワイト社会が来るとは

ホワイト社会が来るとは

岡田斗司夫氏は、日本社会におけるホワイト化という概念を提唱しています。彼によれば、ホワイト化とは、社会全体がより健全で公正な状態へと進化することを指すとされています。この考えは、仕事やビジネスにおいても大きな影響を及ぼしています。

ホワイト社会とは、従来の労働環境における問題を解決し、働く人々の健康と幸福を重視した社会の実現を目指すものです。

営業や企業戦略においても、倫理的かつ持続可能な手法が求められます。これは、ビジネスにおける新たな価値観をもたらす可能性があります。

女性やいいひとに対する評価や取り扱いに関しても、ホワイト社会の理念は大きな変革をもたらすでしょう。能力や実績だけでなく、人間性や協調性を重視する考え方が普及すれば、社会全体の評価基準も変わってくるでしょう

ホワイト化する社会は、必要な変化であり、これを推進することで、企業や社会全体が持続可能な発展を遂げることが可能です。これは、カラー(色彩)や性別、能力などに基づく偏見や格差を取り除き、個々の能力を尊重し、平等な機会を提供することを意味します。

ホワイト革命とは、このような社会変革のプロセスを指します。言葉や用語だけでなく、行動や政策においても革命的な改革が求められます。日本の社会においても、このような革命が起こることで、新たなビジョンと共に、より公正で包括的な社会が築かれるでしょう。

要するに、ホワイト化する社会は、単に表面的な変化ではなく、意味のある価値観の転換をもたらすものです。岡田斗司夫氏の解説により、この概念が広く知られ、社会全体での改革への意識が高まることが必要です。これが実現すれば、より公正で包括的な未来の日本社会を築くための第一歩となるでしょう。

ホワイト社会が来るとは

ホワイト社会が来るとは

ホワイト化する社会の実現には、多くの課題が存在します。その一つが、従来の価値観や慣習に固執することであり、これを変えることは容易ではありません。特に、女性やマイノリティが抱える問題や不平等を解消するためには、より包括的な取り組みが必要です。 

営業や企業においても、従来の業績や数字だけでなく、倫理性や社会的責任を重視する動きが求められます。企業戦略を立案する際に、単なる利益追求だけでなく、社会に貢献する方法や環境への配慮も考慮されるべきです。

また、岡田氏が提唱するホワイト化とは、仕事の在り方を見直すことも含みます。長時間労働や過度なストレスは、個人の健康や幸福に悪影響を及ぼすことがあります。そのため、働き方改革やワークライフバランスの見直しが重要です。

ホワイト化する社会を実現するためには、教育や意識改革も不可欠です。人々の価値観や考え方を変えるためには、幼少期からの教育やメディアの役割も大きいです。さらに、政策や制度の改革も必要不可欠です。法律や規制の変更によって、平等な機会や公正な取り組みを促進する必要があります。

最後に、ホワイト化する社会の実現には、個々人の積極的な参加と行動が欠かせません。一人ひとりが自らの行動や考え方を見直し、周囲に影響を与えることが重要です。岡田氏の提唱するホワイト化は、個人と社会が共に変わる過程であり、その意味を理解し、行動に移すことが、真の意味での社会革命への第一歩となるでしょう。

日本の未来はホワイト社会が来るとは

「ホワイト社会」が「正しい社会」と捉えられるかどうかは、立場や文化、個々人の価値観によって異なります。一般的に、「ホワイト社会」は公正で健全、倫理的な社会を意味し、人々の幸福と健康を重視する社会を指します。しかし、これが「正しい社会」とされるかは、議論の余地があります。

「正しさ」は主観的であり、文化や時代によっても異なる価値観が存在します。例えば、ある人にとっては「ホワイト社会」が公正で健全な社会であると考えられるかもしれませんが、別の人にとっては異なる視点からの評価があるかもしれません。

また、「ホワイト社会」の実現には多くの課題があります。これには、社会に根ざした不平等や差別、制度や政策の改革などが含まれます。そのため、「正しい社会」と見なすかどうかは、どのようにそれらの課題を克服するかによっても変わるでしょう。

総じて言えることは、社会が全体としてより公正で平等、かつ健全な状態を目指すことは良いことであり、そのための取り組みや意識の向上は重要です。ただし、何が「正しい社会」であるかは、多様性や複雑性を考慮し、慎重に議論される必要があります。

カテゴリー: 10代, 20代, シニア世代, 未分類 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA