Bardでブログの下調

ブログ優しい 下調

Bardでブログの下調

 
note ブログ記事。

AIのBardとGPTに同じ質問した。

ブログ記事書くならAIを活用しよう

こんにちは、皆さん。今回はAIのBardとGPTに同じ質問をしてみました。このブログ記事では、2023年の対話型生成AIにおけるBardとGPTの違いについて触れながら、其々の開発段階の要素についても考察してみたいと思います。

最近は、ブログの更新が重要な役割を果たすことが多くなってきました。しかし、副業でブログを書くには、必要以上に時間やスキル、作業の量は多く、ブロブ素人同然の初心者人間にとっては負担は大きいようです。

Google Bardは、Google AIが開発した大規模言語モデル(LLM)です。
テキストの生成、言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツの作成、有益な方法で質問に答えることができます。
…私も使い勝手の良さに一票を投じた一人です。

当ブログ記事。

当ブログ記事に【ブログインデックス】というタイトルの記事が過去にあります。 

読んで字のごとく、ブログはGoogleのデータベースにインデックスされない限りか検索表示に登場しないのです。(稀に勝手にindexされる時がある) つまりは一般人の目には永遠に触れないということが書いてあります。この法則は絶対で、「ドメインパワー」の有無にかかわらずです。  また、現在、世界中の何百万人ものユーザーがBardを使用してブログの下調べを行っているようです。


Bardでブログの下調

Bardでブログの下調

Bardは2023年に一般公開され、すぐに人気を博しました。                          現在、世界中の何百万人ものユーザーがBardを使用してブログの下調べを行っているようです。

Bardは言語モデルをLaMDAからPaLM2に変えることで、思考領域を大幅に拡大しています。
そのため優れた演算能力を発揮します。
GoogleのBardの言語モデルであるPaLM2のパラメータ数はChatGPT4.0を遥かに凌いでいるので・・・
ユーザーへの解答も遥かに精度の高い内容になることは安易に予想がつきます。

Bardは、ブログの下調べに役立つ多くの機能を提供しています。                  たとえば、Bardは、ユーザーが入力したテキストに基づいて、関連するトピックに関する情報(根拠サイト)を提供することができます。 また、Bardは、ユーザーが質問した内容に関する情報を提供することもできます。

Bardは、ユーザーがブログを作成するための時間を節約し、より良いコンテンツを作成するのにも役立ちます。たとえば、Bardは、ユーザーが入力したテキストを自動的に修正したり、ユーザーが入力したテキストに関連する画像や動画を追加したりすることができます。

Bardは、ブログの下調べに役立つ強力なツールです。

Bardを使用すると、ユーザーは短時間でより多くの情報を収集し、より良いコンテンツを作成することができます。  以下に、Bardを使用してブログの下調べを行う方法をいくつか紹介します。

ブログのテーマを決めます。
Bardに、ブログのテーマに関する質問をします。
Bardが提供した情報を参考に、ブログの下書きを作成します。
Bardに、ブログの下書きをレビューしてもらいます。
Bardのアドバイスを参考に、ブログを完成させます。


Bardは、ブログの下調べに役立つ強力なツールです。 Bardを使用すると、ユーザーは短時間でより多くの情報を収集し、より良いコンテンツを作成することができます。

BardとChatGPTの違い

BardとChatGPTは、どちらも大規模言語モデル(LLM)です。しかし、BardとChatGPTにはいくつかの違いがあります。


Bardは、テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされています。そのため、Bardは、ChatGPTよりも自然で有益なテキストを生成することができます。また、Bardは、ChatGPTよりも多くの言語を理解し、対応することができます。

ChatGPTは、テキストのみのデータセットでトレーニングされています。そのため、ChatGPTは、Bardよりも自然なテキストを生成することはできません。また、ChatGPTは、Bardよりも多くの言語を理解し、対応することはできません。

Bardでブログの下調

Bardの今後の展望


Bardは、2023年に一般公開されたばかりですが、すでに多くのユーザーに愛用されています。Bardは、今後もさらに多くの機能を追加し、ユーザーの利便性を向上させていく予定です。

Bardの今後の展望には、次のようなものがあります。

・より自然で有益なテキストを生成できるようになる。
・より多くの言語を理解し、対応できるようになる。
・ユーザーの入力をより理解できるようになる。
・ユーザーの質問により有益な回答ができるようになる。

Bardは、ブログの下調べに役立つだけでなく、さまざまな用途に使用できる強力なツールです。Bardの今後の展望に期待しましょう。Google Bardは、ブログの下調べに役立つ強力なツールです。しかし、Bardにはいくつかの制限もあります。

まず、Bardは、テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされていますが、それでもすべての質問に答えることができるわけではありません。また、Bardは、常に学習と進化を続けているため、常に最新の情報や正確な情報を提供できるとは限りません。

そのため、Bardを使用する際には、常に自分の責任で情報を確認することが重要です。また、Bardが提供した情報に誤りがある場合は、すぐに修正する必要があります。

Google Bardは、ブログの下調べに役立つ強力なツールですが、あくまでもツールであるということを忘れてはいけません。Bardを効果的に使用するために、常に自分の責任で情報を確認し、正確な情報を提供するように努めましょう。


Bardでブログの下調

カテゴリー: 10代, 20代, ブログ初心者 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA