オートファジーしよう

オートファジーしよう

さて、人生100年時代に入って、誰もが長寿命になるようだけど、人生の半分を病気で苦しんだり、病院生活ってのはゴメンだと誰もが思います。だからこそオートファジーしよう…なのです。

稀に長寿で健康で若々しい人なんかをテレビニュースで見たり、TV番組の特集があったりして、‥その健康さにビックリですが、最近になり、その仕組みが次々と解明されているようです。

病理・生理学から。

長寿で健康ってのは偶々、生理学者さんが解き明かした人体生理学の仕組と解明と方法に当てはまるんだって。 実は人間には「自己修復機能」が備わっているけど、誰もその機能を知らずに今迄、生きて来たようです。

いわゆる病気(ウイルス感染 含)というのはタンパク質細胞の劣化や異常によって引き起こされる疾病だそうです。

人間には約、37兆個の細胞(タンパク質細胞)が有り、その中には必ずミトコンドリアという、エネルギー(熱)を作るものがあるそうです。            
だからこそ、人間の身体は暖かく、死んでしまうと冷たくなるのです。ですから、ミトコンドリアは大切な器官ですが、壊れたり…突然変異を起こした場合、人間は病気になってしまったり、それが原因で亡くなってしまいます。
大隅栄誉教授の研究。

スウェーデンは、2016年のノーベル医学生理学賞大隅良典(おおすみ よしのり) 東京工業大学栄誉教授(71)に授与すると発表しました。 授賞理由は細胞内の不要なタンパク質を分解する「自食作用」である「オートファジー」の仕組みを解明したからです。

オートファジーは1960年代から大まかな概念が提唱されていましたが詳細は不明でした。   大隅氏は、1988年ごろに単細胞生物の酵母を観察中にオートファジーを世界で初めて観察、そのメカニズムを解明しました。

オートファジーは人体内のリサイクル活動のようなもので生命に欠かせない機能と言えます。これが異常を起こすとガンやアルツハイマー病など様々な疾患発症と関係があるとされ、新たな創薬に役立つと世界中から期待されています。

オートファジーしよう

オートファジーしよう

ミトコンドリアは、細胞内エネルギーの生成を担う重要なオルガネラです。
しかし、ミトコンドリアは老化や損傷を受けると、細胞に悪影響を及ぼす可能性があります。
そこで、ミトコンドリアを分解するオートファジーが注目されています。

オートファジーは、細胞が不要なタンパク質やオルガネラを分解するプロセスです。
オートファジーは、細胞の恒常性を維持し、老化や疾患の予防に重要な役割を果たしています。

ミトコンドリアを分解するオートファジーをマイトファジーと呼びます。
マイトファジーは、ミトコンドリアをオートファゴソームと呼ばれる小胞に包み込み、分解します。マイトファジーは、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぎ、細胞の健康を維持するために、とても重要です。

マイトファジーの研究は、近年急速に進展して来ています。
2016年には、ParkinとPINK1というタンパク質が、マイトファジーの誘導に重要な役割を果たしていることが解明されました。
ParkinとPINK1は、ミトコンドリアの損傷を検知し、マイトファジーを誘導します。

マイトファジーは、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぐだけでなく、細胞の老化や疾患の予防にも効果的であることが示されています。
例えば、マウスの肝臓にParkinを過剰発現させると、ミトファジーが活性化し、肝臓の老化や疾患が抑制されることが示されています。

マイトファジーは、ミトコンドリアの健康を維持し、細胞の老化や疾患の予防に重要な役割を果たしています。
マイトファジーの研究は、今後ますます重要性を増していくと考えられます。

以下に、ミトコンドリアとオートファジーに関する研究の成果をいくつかご紹介します。

ParkinとPINK1は、ミトコンドリアの損傷を検知し、マイトファジーを誘導します。
マイトファジーは、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぐだけでなく、細胞の老化や疾患の予防にも効果的です。
マイトファジーは、細胞の恒常性を維持し、細胞の健康を維持するために重要です。
ミトコンドリアとオートファジーに関する研究は、今後ますます重要性を増していくと考えられます。

ミトコンドリアとオートファジーは、細胞の健康を維持するために重要です。
しかし、ミトコンドリアの損傷が蓄積したり、オートファジーが機能不全に陥ったりすると、細胞の老化や疾患を引き起こす可能性があります。

ミトコンドリアの損傷は、酸化ストレスや炎症などによって引き起こされます。
酸化ストレスとは、活性酸素の過剰な発生によって生じる細胞のダメージです。炎症とは、体内に侵入した病原体や異物に対して、体内の組織が反応して起こる現象です。

オートファジーは、ミトコンドリアの損傷を修復したり、不要なミトコンドリアを除去したりすることによって、ミトコンドリアの健康を維持しています。
しかし、オートファジーが機能不全に陥ると、ミトコンドリアの損傷が蓄積し、細胞の老化や疾患を引き起こす可能性があります。

ミトコンドリアの損傷やオートファジーの機能不全を防ぐためには、健康的な食生活や運動を心がけることが大切です。
健康的な食生活とは、野菜や果物、全粒穀物、魚介類を多く摂取する食生活です。
運動とは、週に150分以上の中程度の強度の運動を継続的に行うことです。

ミトコンドリアの損傷やオートファジーの機能不全が疑われる場合には、医師の診察を受けることをお勧めします。また、私のnoteブログ記事にミトコンドリアとオートファジーというタイトルがあります。       内容はオートファジーはお気楽なダイエット方法なんかではない的なものです。

オート ファジー しよう

オートファジーしよう

オートファジーは、細胞の恒常性を維持し、老化や疾患の予防

重要な役割を果たしています。

オートファジーの過程は、次のとおりです。

細胞は不要なタンパク質やオルガネラを包み込む小胞を形成します。
小胞は、オートファゴソームと呼ばれる小胞に融合します。
オートファゴソームは、リソソームと融合します。
リソソームは、オートファゴソーム内の不要なタンパク質やオルガネラを分解します。
オートファジーは、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぐために重要です。オートファジーは、ミトコンドリアを分解することで、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぎ、細胞の健康を維持しています。

オートファジーは、細胞の老化や疾患の予防にも効果的です。
オートファジーは、細胞の老化や疾患を引き起こすタンパク質やオルガネラを分解することで、細胞の老化や疾患を予防しています。

オートファジーは、細胞の健康を維持するために重要な方法です。
オートファジーは、ミトコンドリアの老化や損傷を防ぐだけでなく、細胞の老化や疾患の予防にも最も効果的で有効です。オートファジーの研究は、今後ますます重要性を増していくと考えられます。

オートファジーしよう

オートファジーを拡散したい。

私のブログは始めたばかりですから全くドメインパワーがありません。しかし、SEOの本当のエレメント項目である11項の要素を間違いなく抑えれば検索上位どころか検索1位に表示されます。テキストが入ります。ちなみに【ブログ初心者に優しいというブログ記事の検索キーワード〖ブログ初心者に優しいは、当時は、約 71,300,000 件の検索1位でした。年内には方法を公開します。

カテゴリー: 10代, 20代, シニア世代 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA