GoogleのSGEとは

GoogleのSGEとは

GoogleのSGEとは

GoogleのSGEとは

Googleが 2023年8月30日に発表した「Search Generative Experience(SGE)」とは、簡単に説明すると、生成AIのBardが回答を検索結果のトップに掲載する機能で、従来のSEOに代わる名称です。

生成 AI を活用し「残暑見舞いに何を送ったら喜ばれますか?」や「残暑見舞いのマナーは?」といった追加で質問できる候補を提示する機能が表示されます。

https://japan.googleblog.com/2023/08/search-sge.html

2023年に入り、生成AIの急激なブームもあり、Googleも検索順位表示に関してのスタンスを変えました。                                   今では…検索結果の表示画面の最下部のランキング表示も1ページだけになりました。

従来の検索では、検索者の質問や疑問には、正しい回答が存在しないような場合もありますが、SGEAIが動的に各キーワードへの答えを出力することで、質問や疑問にも対応できるようです。

そして、GoogleはAIを活用した検索作業でも広告を専用広告枠に表示しつづけるとして、広告と検索結果を区別化できるようにしていす。

また、Googleは生成AIの検索導入画面にでも、「責任ある慎重なアプローチをとる」という方針を示しています。
このため、Googleは先ず、…Search Labsと呼称される実験プログラムを立ち上げ、SGE(Search Generative Experience)を導入します。

SGEとは?GoogleにAI搭載でオーガニック検索が終わる将来

GoogleのSGEを解り易く説明します。

超、超、ちょ~簡単に説明すると、・・サイトやブログの筆者は、「SEO➡SGE」に検索エンジン対策が変わったからといって、従来のSEO対策の「E-A-T」部分が「EE-A-T」になった!ことだけで、大差はありません。                                 「EE-A-T」とは、筆者自身の経験知を指しています。…ですから、筆者自身の体験談や経験知を文章に加えればいいのです。

ブログ初心者が必ず悩む文字数とは

当ブログ記事の「ブログ記事の文字数」に答えが記述されています。

GoogleのSGEとは

Google SGE とは

後は「googleのseo(現sge)対策とは」に明記した11通りの項目の「E-A-T」部分当てはめればいいだけです。

GoogleSGEとは

①▶検索 KW(キーワード語句)は必ず記事タイトルに含める。文字数は27文字迄です。
②▶リード文章は300~8・9・1.000字くらいにして、必ずKWを含める。
③▶文章構成は(h2・h3・h4・h5)と見出しを付けて分けて書くようにする。
④▶文章の補足としての画像やグラフは著作権フリーのモノを使う。
⑤▶画像やグラフはピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。
⑥▶内部リンクは必ず貼る。言葉の意味を補足する外部リンク「ウイキペディア」などへのリンクは貼ってもイイ。
⑦▶文字数は3,000字程度が目安だが「網羅性」で多くなるのはかなわない。(1,000)文字程度でも内容次第で検索1位になれる時もある。
⑧▶記事文章には検索KWを含めると共に共起語サジェストワードは必ず含める必要がある。
⑨▶「E–A–T」(現sge)とYMYLは常に意識する。
⑩▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。
⑪▶記事タイトルで推測できる内容以上の+αな記事を書くことで「読者満足度」を高める。

https://www.aya199166.com/2023/09/08/aya199166-com-2023-09-08-google%e3%81%aeseo%e7%8f%besge%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%a8%e3%81%af/より転載

Google SGE とは

カテゴリー: SEO関連, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA