VIVANT(別班)は本当にあった

VIVANT(別班)は本当にあった

VIVANT(別班)は本当にあった

TBS系日曜劇場で放送のテレビドラマ「VIVANT」(ヴィヴァン)現在はU-NEXT(見放題)が人気を博しているという。

内容は、堺雅人氏が演じる商社マンの乃木が所属する自衛隊の秘密部隊(べっぱん)「別班」が活躍する話だ。この組織について…実際、日本政府は2013年12月の答弁書で『陸上幕僚監部運用支援・情報部別班』なる組織については〈中略〉、自衛隊に存在したことはなく、現在も存在していないと否定している。

色々、調べて判ったこと

実際に私の叔父は「太平洋戦争」では中国でスパイ活動をしていた人で、子供ながらに…大きくてカッコイイ叔父さんといつも思っていたし、弟である父からは「陸軍中野学校」の出身と聞いて【スパイってマジ!いるんだ!】だと思っていた幼少期でした。

因みに、叔父からは父のことを【非国民の秀才】と聞き、妙~に納得した記憶もあります。なんでも、当時‥「父は戦争反対の人」で、特高警察に逮捕され、刑務所のかわりに潜水艦の設計をさせられていたそうです。‥かなり、頭のいい人でした。

そんなワケで、テレビドラマの設定が割りと身近な環境なので興味を惹かれました。

もっとも、「別班」の存在が世に知られたきっかけとなったのは、1973年8月8日の金大中拉致事件でした。他国の要人が白昼、東京都内のホテルから攫われるという日本の治安当局にとっては屈辱的な事件が起こり、「別班」の存在も発覚しました。

この拉致事件で、事前に金大中の張り込みを担当していたのが、退職自衛官らが設立したばかりの興信所で、所長は陸上自衛隊の秘密情報部隊である「別班」のメンバーだったことを、当時「週刊現代」が初めて報じましたが、新聞やテレビは黙殺しました。 

ところが事件発生から約1年半が経過した1975年2月、共産党衆議院議員の松本善明氏のもとに手紙が届き、それは「別班関係者からの内部告発文書でした。

上記の史実でも別班」の存在は確認できますが、私が確信したのは下記の報道でした。

VIVANT(別班)は本当にあった

●:イスラエル情報機関の失態~情報機関と国家~インテリジェンス史を徹底解説(前編)【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】(2023年10月12日)https://www.youtube.com/watch?v=pRXqDn14v-g

●:日本の情報・諜報機関~知られざる実力とインテリジェンス史を徹底解説(後編)(2023年10月16日)https://www.youtube.com/watch?v=Vdifs0f2wsE

VIVANT(別班)は本当にあった

VIVANT(別班)は本当にあった

2023年の今、防衛省の秘密組織についての驚くべき発見がありました。自衛隊内で存在したと噂される、謎の部隊「別班」に関する情報が、最近のVIVANTというドラマで再び浮上し、その実在性についての考察が行われています。別班は陸上自衛隊の特殊部隊の一つとされ、その活動内容は秘匿扱いで、秘密に包まれていました。

VIVANTとは、堺雅人が演じる主人公が「別班」という部隊の現役の幹部であるというストーリーが展開されるドラマです。このドラマが放送されるに至り、様々な人々が「別班」の実在に疑念を抱き、詳細な調査が行われました。また、防衛省を含む関連機関も、別班に関する情報開示を拒否し、その存在を確認しづらくしていましたが、取材を通じて明らかになった情報が、その謎に迫る手がかりとなりました。

別班が実際に存在したとすると、その活動内容は一体何だったのでしょうか?幹部たちは何を目的に組織され、海外でどのような役割を果たしたのか?これらの問題に対する確たる回答は依然として得られていないのですが、多くの説が存在します。

一つの説によれば、別班は秘密裏に国内外での情報収集および特殊任務に従事していたとされています。彼らの存在は一般の自衛隊員には知られず、その活動は極めて機密事項として厳重に管理されていたと言われています。一方で、別班がドラマ「VIVANT」において描かれたような(エンターテインメント)として超常的な能力を持っていたかどうかについては疑念が残ります。

別班の実在性についての証拠が乏しいため、その真実を解明するのは難しいと指摘しています。しかし、別班に関する疑念は根強く、今後の調査や情報開示に期待が寄せられています。

要するに、別班が本当に存在したかどうかは未だに謎に包まれています。VIVANTというドラマがその謎を一層深化させ、別班に関する調査と考察が続けられている現在、その歴然たる事実が明らかになる日が来るかもしれません。

VIVANT(別班)は本当にあった

別班についての謎は、一般の人々にとっても非常に興味深いテーマとなっており、その実在に対する関心はVIVANTというドラマににより、益々…高まっています。一部の熱心な研究者や愛好者は、別班が架空の物語ではなく、実際に秘密組織として存在した可能性を信じて疑わない立場に立っています。

さらに、一部の報道機関は、別班に関する新たな証拠や証言を公にすることに関心を寄せ、防衛省や自衛隊に対して情報開示を求める動きが活発化しています。彼らは、別班の存在が国家の安全保障に関わる重要な事項である可能性を指摘し、その真実を明らかにするために積極的な調査と情報提供を要求しています。

この謎めいた組織「別班」についての調査は、今後も進展が期待されます。その結果、別班の実在性に関する情報が明るみに出るかもしれません。一方で、秘密組織に関する情報が極めて秘匿性が高いため、真相が永遠に闇の中に隠される可能性も否定できません。

「別班」が実在したかどうかの謎は、今もなお続いており、その疑問に答えるためには一層の調査と公での情報開示が必要です。その真相が解明される日を待ち望む声が多く、別班に関する新たな情報が公にされることを期待しましょう。

VIVANT(別班)は本当にあった

VIVANT(別班)は本当にあった

一方で、別班に関する謎が深まる一方、ドラマ「VIVANT」によって別班の存在が広く知られるようになり、その影響が社会全体に及んでいます。多くの視聴者がドラマの魅力に引き込まれ、別班の謎に興味を持つようになりました。このドラマは、別班が架空の物語であるにしても、国防や自衛隊についての理解を深め、国の安全保障への関心を高める一助となっています。

別班の謎が解明されるにせよ、別班に関する議論は今後も続くでしょう。その謎めいた存在が、国内外の政治や軍事における重要なテーマとして扱われ、新たな研究やフィクションのインスピレーションとなることでしょう。

結局、別班が実在するかどうかの真相は未だに不明確であり、その秘密は今も闇の中に包まれています。しかし、この謎が人々の好奇心をかきたて、国の安全保障についての議論を深めるきっかけとなっていることは確かです。別班に関する情報が明らかになる日を期待しつつ、その謎に関する議論が今後も進展し続けるでしょう。

カテゴリー: 10代, 20代, SEO関連, シニア世代, ブログ初心者 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA