未来に会社員は不要だ

未来に会社員は不要だ

未来に会社員は不要だ

最近…思うのだが、Web繋がりのスマホやAI(人工知能)開発競争による情報収集や拡散の速さはもの凄くて、ちょっとボ~ッとしていと、直ぐに【情報弱者】になってしまう。                つまりは、「アイデア」より「行動力」の方が『勝』時代になったと思う。                             私のようなジジイには‥あまり関係は無いが、10代20代30代で、希望や夢の為に「人生」を考えている人達は‥最早、従来通りの生き方を選択すれば、負け組確定しか待っていないという先の人生になる‥ことを伝えておこう。

イギリスで生まれた「産業革命」によって今迄の社会環境や「社会常識」に人は到達したと云えますが、これから先の未来は「早い決断力」と「行動力」・「実行力」が支配する時代が来たと思います。

何故なら‥理由について

私が生まれ育った時代には「スマホもAI」も無い、情報拡散の遅い社会でした。‥が、今はWebが有り、スマホが有り、AIに誰もがコンタクトできる社会インフラが整っているからです。

そして、私が企業人として得た年収より、個人(一人)で稼いだ額は企業人として得た年収より、個人である今の方が多いからです。    会社員になって搾取される人生を選ぶか、個人で仕事をして、欲しいモノを選ぶかはアナタ次第です。

【結 論】                             今はcatGPTに代表される「AI」を誰もが操作出来る様になり、様々な情報や色々な「アイデア」などは‥【自分が考えた】≒地球規模で考えれば、100人や200人は存在すると思った方がいいでしょう。     なので、思いついたら即!実行です。               つまり、行動力に長けた人間が【勝組】になる可能性が最も高いのではないでしょうか。                                                                                
 
 
 
 
当ブログ記事で参考になる記事

▶:検索用AIってチョー便利                   ▶:ブログを書いて自由になる

noteブログ記事で参考になる記事

▶:今は調べること検索と云う                  ▶:好きは生きる力                              ▶:ブログ10代20代人生の目標

未来に会社員は不要だ

未来に会社員は不要だ

未来において、会社員の存在が不要とされる可能性についての議論が現社会では広がっています。今後の日本において、個人事業主や副業がますます必要とされ、働き方、収入、キャリア、社会の変化に大きな影響を与えると考えられます。この記事では、個人事業主としての活動や副業について、会社員との違い、未来の仕事のあり方、そしてそのメリットについて検討します。 

まず、今後の日本の環境において、会社員としての雇用が不安定であると感じる人が若い世代から増えています。企業の組織は変化し、人材の求められるスキルも変わってきています。したがって、個人事業主や副業を通じて、自分のスキルや能力を活かし、自由な時間に事業を運営することが、将来の生計を考える上で重要な方法となります。

個人事業主や副業の最大のメリットは、自身のスケジュールを自由に管理できることです。会社員としての制約から解放され、自分の計算に基づいて業務を遂行できます。また、独立した事業を運営することで、収入に上限がなく、利益を最大化できる可能性があります。確定申告を通じて、収入と所得を効率的に管理し、税制度のメリットを活かすこともできます。

また、フリーランスや個人事業主としての活動は、自身の能力や知識を活かす場を提供します。これにより、本業の経験やスキルを活かしつつ、新たな事業を起業する機会が増えます。自身のキャリアを独立した事業として実現できるため、個人の成長が可能です。

さらに、社会の変化も個人事業主や副業の重要性を高めています。日本の経済環境は急速に変化し、将来の雇用に不安を感じる人も増えています。これに対処するため、個人事業主としての活動を検討することは重要です。特に、青色申告制度を利用すれば、税金の計算も簡素化でき、将来の収入を安定させる手助けとなります。

未来の日本において、個人事業主や副業が重要な位置を占めることは間違いありません。組織に依存せず、自身のスキルや能力を最大限に活用し、自由な環境で事業を運営することで、安定した収入とキャリアの実現が可能です。将来の生活について検討する際には、個人事業主や副業を含めた多様な方法を検討することが重要です。日本での働き方が変わりつつある今、個人事業主や副業を活用して、未来の生活を実現し、安心を得ましょう。

未来に会社員は不要だ

未来に会社員は不要だ。

未来の日本において、個人事業主や副業が増える一方で、会社員としての存在も依然として必要不可欠です。現社会の中では多様な働き方が共存し、各個人の選択肢も広がっています。企業における社員の役割も、単なる雇用者から、価値ある専門家やリーダーへと変化しています。 

社会全体が変化する中で、個人と企業は互いに支え合う関係にあります。今の企業は多くの場合、個人事業主やフリーランスをプロジェクトに参加させ、新たなアイデアや専門知識を取り入れることで競争力を高めています。一方、会社員は安定した収入と社会保険の恩恵を受けながら、企業の組織に貢献し、安心して働くことができます。

希望的観測ですが、企業にとっても、社員として働く人々の知識や能力が不可欠であり、社員の専門性と組織の一体感が、成功に貢献します。個人事業主と会社員の違いが活かされ、組織が柔軟で効率的に運営されることで、将来の経済環境に対処できるでしょう。

未来の日本において、働き方の多様性が進化し、個人事業主や副業が増える一方で、会社員の存在は依然として重要ですが、個々の状況や選択に応じて、最適な働き方を見つけ、自身のキャリアを築いていくことも、今では社会常識です。社会や経済の変化を受け入れつつ、自由と安定、知識と経験を結びつけ、将来の日本で実現を追求しましょう。個人事業主と会社員が共存し、社会全体がより強化された未来を築いていくでしょう。既に、ウーバーイーツがそうであるように。

未来に会社員は不要だ

カテゴリー: 10代, 20代, SEO関連, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA