合議制と独裁との競争力の未来って?

合議制と独裁との競争力の未来って

合議制と独裁との競争力の未来

合議制独裁競争力

以前、私は起業してIT系株式会社の代表取締役社長でした。     従業員は100人弱の中小企業でしたが、決済権は私一人でしたので、事業の速度は速かった記憶があります。 ですから、組織のパワーバランスや事業の競争力の仕組みは把握しています。そこで今回は、合議制と独裁との競争力の未来って何だろうと考えました。

なので、事業化や組織作りには私なりの矜持があります。

組織とは、大きければ大きい程、動く速度が遅くなります。…何故なら、組織とは合議制が基本の運営基準だからです。つまりは、参加者の多数決によって物事の運営が決められる仕組みだからです。

日本は皆さん…ご存じの通り、議会制民主主義の合議制で、やたらと国会という会議が開かれ、実の無い答弁が展開される光景は仮想国営のカメラを通してテレビ中継されています。

あのように無駄な時間を使うことが仕事をしていると勘違いしている人(議員)達や、それを補佐しているホワイトカラー(官僚)をエリートと呼んで指示を受けることが仕事だと勘違いしている人が日本国を運営しているので、当然、GDPは横這い状態です。

世界規模で地球の産業(実業)界は「代3次 産業革命」つまり、(Web3.0)に突入しています。‥ハァ~?‥と思う方もみえるでしょうが「知識・情報」が拡散されるスピードが鬼早い速度で広がり…昭和以前は1年かかるの拡散速度が 今は1日足らず です。つまり、その気になれば知りたいことなど、検索すれば必ず無料で手に入れれる時代なのです。

何故ならスマホやパソコンを個人が所有しているからです。     だから、Web3.0なのです。‥Z世代の人や感のイイ人は既に気付いていますが、高齢者の方や変化が嫌いな人や、苦手意識の強い人は多分…チャンスを逃し、未来は底辺職・層になるでしょう。

30年前は日本の企業は10数社がグローバル企業として君臨していましたが、現在では数社しか世界の格付け会社に認められていません。

何故なら競争力が無いからです。                米国の「イーロン・マスク」や「ウォーレン・バフェット」が率いる企業の様な判断力・決断力が無いからです。ですから、そんな国の指導者など心底からは信用されません。っま、私見ですが‥‥。

当ブログにもWeb3,0から先の未来を個人で生き抜く為の方法が書いた記事があります。

▶:ブログを書いて自由になる                  ●:ドメインパワーが無くいても検索1位や上位表示ができます。   ▶:検索用AIってチョー便利                   ●:生成AIの便利さがかいてあります。              ▶:ブログ初心者に優しい                    ●:上部の赤枠の内容がブログ記事の基本の文章の書き方です。

何故ならオススメ理由)私も オススメ理由に従って記事を作成しているからです。                  

合議制独裁競争力


合議制と独裁の競争力の未来

合議制独裁競争力

行政機能の未来における合議制と独裁の競争力について、日本の政治制度や問題点、機能性、そして必要性に関する議論は重要です。これには国民の意味や国家の行使する役割、戦争などの状況や観点も含まれます。政府が持つ統制やシステムは、国家の機能と安定にとって十分に重要です。

日本の政治システムにおいて、議院内閣制という民主主義が存在しますが、その効果的な機能はしばしば議論の的となります。一方で、独裁的な統治は権力集中や行政機能の拡大につながることがありますが、その制度は国家や国民にとってリスクをもたらす可能性があります。

この問題を解決するために、行政機能や政治システムの調査やチェックは必要不可欠です。国家の発展において、議院内閣制が大統領制よりも優れているとする見解もありますが、両者の長所と短所を比較する必要があります。特に日本の状況においては、どちらが適切かを議論し、一般国民(皆さん…)の意見を尊重することが重要です。

我々は、国家の安定と発展を促進するために、政治システムの選択について継続的な議論を行うべきです。民主主義を重視しつつ、行政機能の効率性や国家の将来を見据えた議論が求められます。議院内閣制と独裁の競争力を比較し、国家の方向性を考える際には、国民参加型の意見交換が不可欠だと私は考えます。

合議制と独裁の競争力の未来

合議制 独裁 競争力

日本が抱える課題や将来の展望を鑑みると、現行の議院内閣制が国家の安定や発展に資する一方で、効率性や迅速な対応力では不足する側面も見逃せません。こうした中、政府はシステムの改革や機能の強化を模索する必要があります。‥が、それを論じる議員の能力不足を感じる時が多々あります。

重要なのは、国民参加の下での議論や意思決定です。(多分、纏まりませんが行政機能の向上や政治システムの適正化に向けた変革は、国民のニーズや意見を踏まえたものでなければなりません。このような議論を促進するためには、教育の場やメディアを通じた啓蒙活動が重要です。国民が政治システムの理解を深め、その意味や役割を把握することが大切です。

議院内閣制と独裁の間での選択は、日本の国家発展において重大な意味を持ちます。そのため、将来を見据えた政治システムの検討は、国家と国民の繁栄のために不可欠な議論であり、我々の責務です。

さらに、議院内閣制と独裁の競争力についての議論は、単に制度の選択の問題だけでなく、その実際の機能や実装の仕方、さらにはその背後にある価値観や倫理観にも焦点を当てる必要があります。

民主主義という価値を重視するならば、議院内閣制が意思決定において多様性を取り入れ、国民の意見を反映する枠組みとして有用であるとされます。しかしながら、これが行政機能の迅速な展開や変革を妨げることもあります。その一方で、独裁制は迅速な意思決定を可能にするが、権力の乱用や専制といったリスクをはらんでいます。

日本のような先進国で、両者の折衷案や新たな制度の可能性を模索することも重要です。議院内閣制と独裁という2つの極端な選択肢の間には、中間の政治システムの構築ができる可能性もあるかもしれません。このような中間案は、迅速な意思決定と民意の反映のバランスを取ることができるかもしれません。

最終的には、政治システムの選択は国家の特性や文化、社会的な価値観を考慮しながら行われるべきです。議論と検討を通じて、国家が将来的に向かうべき方向性を決定する際には、国民参加の下で進められるべきです。政治の透明性と責任の取れるシステム構築が、国家の安定と発展に不可欠な要素となります。

合議制 独裁 競争力

これは私の感じている意見です。

私は先がもう見えるジジイです。最近はニュース番組やネット記事にしか興味が沸きません。日本という国は豊かになり、個人が尊重される社会になりましたが、未だに【男尊女卑】の思考が続いている人・他人を想い遣れない人・独立心の無い人・自由をはき違えている人・エトセトラ・エトセトラ。

日本人としての誇りは何処に消えたのでしょう?

カテゴリー: 10代, 20代, シニア世代, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA