テスト サイト

ブログ検索順位公開

テスト サイト

テスト サイトといえども、見くびるなかれ!!

下記の文言は検索SEO対策に不可欠な要素です。 この要素を軽んじれば、アナタのコンテンツは【オーガニック検索】では、いつまで経っても表示されないでしょう

検索KWは必ず記事タイトルに含める 
いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む、自分が抱えた疑問問題解決に繋がる関連語句のことを検索キーワードといいます。例えば当ブログなら 「ブログ初心者に優し」です= aya 199166.com なのです。
②:リード文章は300~800・900・1000字くらい 
ブログ記事の最初はリード文という「前書の様なツカミ的な前文」を書きますが、殆どの読者やユーザーはリード文を読んで記事を読むか辞めるかを決めます。
執筆者が「網羅性」を重視した場合は文字が多くなるのはかまいません。(但し、文章が長過ぎるとイヤがられます)
③:ブログの文章構成は必ず見出しに分けて文章を書く
ブログの文章構成は必ず(h2・h3・h4・h5)などの見出し・段落に分けて書く。そして、記事タイトルは必ずh1を使い、次に重要な段落(見出し)は必ずh2を使います。
見出しで、検索結果にプログラム的に関わるのはh3までです。
④:画像やグラフは必ず著作権フリーのもので、サイトやブログ文章を補足する
使用する画像や表のalt=”“部分には必ずKW(検索キーワード)語句を入れる 。
⑤:画像やグラフはピクセル数を減らして表示速度を上げる
ブログに使用する画像や表やグラフなどは「画素」(ピクセル単位)を小さくして、コンテンツの表示速度を上げる。
⑥:内部リンクは必ず貼る。(相互リンクは、なお良)■
自ブログの執筆記事(2つ)と自ブログの他記事は必ず(1つ以上)内部リンクを貼る。
⑦:ブログサイトなどの文字数は3,000強字程度が上位表示されている ■
検索順位が上位や1位のものの中にはカテゴリーによっては1~2万文字を超えるツワモノもありますが、世界には文字数が250字弱で上位表示されているものもあります。
⑧:ブログ記事内には検索KWと共起語は必ず含める含める ■
共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことです。
Googleは上位20位までのブログ記事内に登場する語句の出現率の順位によって検索登場順位を決めているようなので共起語をコンテンツ記事内にいれることは必須条件です。(共起語は記事内にふくまれている数の20%程度を上位から抽出する)

共起語はSEOには関係無いと一般的通説ですが、この説は間違いです。加えて、サジェストワードも欠かせません。

⑨:ガイドラインにも明記されている「E–A–T」とYMYLは常に意識する ■
今は「E-E–A–T」YMYLはGoogleのブログ品質評価ガイドラインに明記されている検索順位に大きく関わるグーグル社の「指針」だといえます。

https://developers.google.com/search/blog/2022/12/google-raters-guidelines-e-e-a-t?hl=ja

:スニペット文章には必ず検索KWを含める ■
スニペットとは「meta description」のことです。今の検索者はスニペットと文章を読んで、コンテンツを訪れる傾向が強いようです。(米国の調査会社の見解)
⑪:タイトルで推測できる内容以上の情報を検索クリエに提供する ■
記事タイトル以上の内容が有り、検索者が「得した!」と思えるような記事タイトルの関連情報を記載する。
後書き

このコンテンツを読んだ人はラッキーです。     理由はインデックス登録をしないからです。     イコール、検索順位に表示されないので【aya 199166.com】に意識して来た人で偶然…読むことでしか、見ることができないからです。 

それに、下記の文言は本当に検索SEO対策には欠かすせない11の要素なのです。             何故なら私のブログ記事は、この要素通りの構成で作られているからです。
しかし、下記の【文言】通りに記述しても検索1位や上位は狙えません。                   この記事に書かれているのは、私が見つけた方法の95%です。                  以前の独自ドメインやサーバーで全てを発表しようと思いましたが、手続きが、思っていた以上に複雑になり、メンドクサイので少々、、思案中です。       今月中には公開したいのですが、色々なチャチャもはいります。                    なので、もう少々…お待ちください。<(_ _)>
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA