無駄無く暮す意識や方法

無駄無く暮す意識や方法

無駄無く暮す意識や方法

そりゃぁ~‥私だって10・20・30歳代の時期は物欲と見栄ッぱりの塊でしたが、病気を患ったのを機に無駄なく暮す意識無駄なく暮す方法が「アタマを擡げ」考え方をシフトしました。

私は10代の頃から将来の職業や自分の生き方が漠然と見えていたと思います。noteブログ記事のブログ10代20代人生の目標

当ブログの                                          ▷▷【10代はアオハルだ】                                    ▷▷【生き辛い未来自由に生きる方法】              などの記事を読んで頂ければ幸いであり、              また、「費用対効果」を考えた時・・・               ▷▷【ブログは個人で出来る仕事です】と言うコトバ通り、独りで完結出来、収入も大きく望めるビジネスだと思います。

日本は10年以上、ベースアップが無く、金利も低空飛行のままです。多分…企業人のベースアップも低いでしょう。まして、未来はAIやロボティクスの導入で増々、未来の会社員の社会生活は影が広くなると予想できます。 なので、記事のタイトル名でもある【無駄無く暮す意識や方法】を実践して下さい

私は会社をリタイアした後の収入は諸々で、月に30万円弱ですが、無駄を考えるのが基本になり、「ミニマル」な生活が基本になりました。

なので、出費を低く抑え、貯金も増えました。また、贅沢な食事より質素な食卓の方が健康維持と肥満を抑える最適化な暮し方なようです。 つまり、【所有】せず、家に置くものを少なくして最小限の物だけで生活する方が衛生的で管理し易い暮しだと知りました。        時々、ある臨時収入は全て貯蓄に回し、今現在は一般庶民ですが、  中国の老子の名言【足るを知る者は富む】にあるように満足するという意識を持つことで、精神的に豊かになり、感謝して幸せな気持ちも持て、満足ができます。

無駄無く暮す意識や方法

無駄無く暮す意識や方法

現代の生活では、節約や持続可能な生活がますます重要視されています。ミニマリストやシンプリストの考え方を取り入れ、無駄のない生活を実践することが、お金を節約し、ストレスを減らす方法として注目されています。必要最低限の物で暮らすことは、買い物や家計簿の管理を見直し、不要な物を断捨離する手助けとなります。

具体的には、食材や食費の管理に注力することが大切です。冷蔵庫やストックを把握し、無駄遣いを減らすために簡単でエシカルなレシピを活用することがおすすめです。また、プラスチック使用の削減や、環境に配慮した消費行動を取り入れることも重要です。これにより、無駄なゴミの削減やSDGsへの貢献が期待できます。

生活の中で物を持たない生き方を実践することも大切です。必要な製品や物を厳選し、不要なものを持たないライフスタイルを目指すことで、部屋の整理整頓や時間の有効活用が可能です。また、不要な支出を減らし、貯蓄を積極的に行うことで、経済的な余裕を生み出すこともできます。

これらの方法は環境への配慮と共に、豊かなライフスタイルを築く手助けになります。無理なく継続できる方法や、物を持たない時代のライフスタイルを目指すことで、ストレスの少ない生活を送ることができるでしょう。最終的には、自分にとって本当に必要なものを見極め、シンプルで豊かな暮らしを目指すことが大切です。

無駄無く暮す意識や方法

さらに、物を持たない生き方やシンプルな暮らしは、生活の質を向上させるだけでなく、時間の有効活用も促します。無駄なモノや物質的な負担を減らすことで、心に余裕が生まれ、ストレスも軽減されます。また、家計簿をつけることで支出を把握し、無駄遣いを防ぐこともできます。節約を意識した買い物や賢い製品の選択は、将来の貯蓄や目標にも繋がります。

ミニマリストやシンプリストの考え方は、買い物や食費だけでなく、部屋や習慣にも適用されます。断捨離を通じて、不要なものを手放し、環境を整えることで、生活空間がスッキリとしたものになります。このようなシンプルな環境は、心にも影響を与え、集中力や創造性を高めることができます。

さらに、エシカル消費やリサイクルを意識した行動は、環境への配慮を示すだけでなく、地球全体の持続可能性に貢献します。プラスチックの削減や賢いリサイクル活動は、SDGsに向けた一歩となります。自分の行動が地球環境に及ぼす影響を把握し、その責任を持つことも重要です。

必要最低限の物で暮らし、エシカルな消費を実践することは、これからの時代に求められる持続可能な生き方の一つです。無駄のない暮らし方を身につけることで、豊かさや満足感を見直し、より意識的なライフスタイルを築いていけるでしょう。

無駄無く暮す意識や方法

無駄無く暮す意識や方法

さらに、無駄のない生活は日常の習慣や考え方にも影響を与えます。物を持たない生き方を実践することで、消費主義から離れ、本当に自分に必要なものを見極めることができます。その結果、質の高い生活を送るために、お気に入りの品物や経験にフォーカスすることができます。

家計や食費を管理する際には、簡単で節約効果のあるレシピを活用することも重要です。食材のチェックや食品の無駄を減らすことで、無駄な支出を防ぎながら、健康的な食事を楽しむことができます。また、部屋や冷蔵庫の整理整頓も、生活をシンプルにし、ストレスを軽減させる助けになります。

エシカル消費やリサイクルは、製品の購入や使用後の対応(始末)において、環境への負荷を軽減することが目的です。そのため、賢く選んだり、使い終わった製品をリサイクルすることで、持続可能な未来を築く一環となります。自分の行動が地球環境に与える影響を理解し、積極的な貢献を心がけることが重要です。

無駄のない暮らしは、物質的な面だけでなく、心の豊かさや精神的な安定にも繋がります。必要最低限の物で暮らすことで、心に余裕が生まれ、ストレスを減らし、豊かな人間関係や自己成長に時間を充てることもできます。

これらの方法を実践することで、無理なく質の高い生活を送り、持続可能な未来への貢献を果たすことができるでしょう。物を持たない時代において、シンプルでエシカルな生き方を積極的に取り入れ、自らの生活を豊かにしていくことが大切です。

カテゴリー: 20代, シニア世代, 未分類 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA