生き辛い未来自由に生きる方法

生き辛い未来自由生きる方法

 

生き辛い未来自由に生きる方法


私は物心が付いた頃から周りの人から変わってると言われ続け、現在も友人・知人・妻までも変わった人のレッテルを貼り、その結果として、生き辛い未来自由に生きる方法を見つけました。

生きづらいと感じる人達が増々…未来は生き辛いだろうと予測され、自由に生きることが困難なんだろうなぁ~・・と私は思える当ブログ記事の【10代はアオハルだ】という記事には自由に生きることには、代償が伴うことが書いてあります。                  また、【合議制と独裁との競争力の未来って?】という記事には…ドメインパワーが無くいても検索1位や上位表示ができる方法のテキストリンクが貼ってあります。

私は「のんけ」ですが、中学生頃から同性にも好かれ始め、最盛期には周りや職場の人達に多くのLGBTQの人達が居た為に抵抗感が無く、その生きづらい世間の圧力も多少は理解できます。             私は至って普通の感覚で暮らしていますが、専門学校の出身の友人には『LGBTQ』の人もいて、未だに世間は圧力だらけだと聞きました。

だからこそ、未来に自由に生きて行ける方法を知って活用してほしいと思います。

また、私のnoteブログには【ブログ10代20代人生の目標】という記事があり、「若い世代である10代から20代は、人生を歩む上で大切な時期です。この時期にしっかりとした人生の目標を持ち、意識的に成長していくことは将来の自分を形成する上で非常に重要です。」                      とか…【好きは生きる力】では、「好きなことに取り組むことで、自信を持つことができるんです。好きなことをすることは、人生においても必要です。仕事をするときも、自分が好きなことを仕事にすることができたら、毎日が充実したものになります。などの記事があり、アナタの参考になるかもしれません。

生き辛い未来自由に生きる方法

生き 辛い 未来 自由に 生きる 方法

私たちは、生き辛い未来に直面しています。社会は変化し続け、仕事は不安定で、お金は足りない。他人との関係は複雑で、自分自身との関係も満足できない。自分の人生に意味や目的を見出せない人も多いでしょう。

しかし、このような状況にあっても、自由に生きることは可能です。自由に生きるとは、自分の価値観に基づいて、自分の能力や可能性を最大限に発揮し、自分の理想や夢を実現することです。自由に生きるためには、以下の2つのことが必要です。

自分自身を理解すること
他人との人間関係を改善すること
まず、自分自身を理解することは、自分の人生の方向や目的を明確にするために重要です。自分自身を理解するには、自分の感情や欲求、価値観や信念、強みや弱み、過去や現在、未来や理想など、さまざまな側面から自分を見つめる必要があります。自分自身を理解することで、自分の人生に何が必要で、何が不必要で、何が幸せで、何が不幸であるかを知ることができます。

自分自身を理解するためには、アドラー心理学の考え方が役に立ちます。アドラー心理学とは、オーストリアの心理学者アルフレッド・アドラーが提唱した心理学の一派で、人間は社会的存在であり、他者との共同体の中で生きることに意味を見出すという考え方です。アドラー心理学では、人間は自分の人生を自分で決めることができるという「自己決定論」を主張しています。つまり、人間は自分の人生に対して責任を持ち、自分の考え方や行動を自分で選択することができるということです。自分の人生に対して責任を持つことは、自分の人生に対してコントロールを持つことでもあります。自分の人生にコントロールを持つことで、自分の人生に自信や勇気を持つことができます。

自分自身を理解するためには、自分の人生における「原因」と「結果」の関係を見極めることも重要です。自分の人生における「原因」とは、自分の考え方や行動です。自分の人生における「結果」とは、自分の状況や感情です。自分の人生における「原因」と「結果」の関係を見極めることで、自分の人生における「問題」や「課題」を明確にすることができます。自分の人生における「問題」や「課題」を明確にすることで、自分の人生における「改善点」や「目標」を設定することができます。自分の人生における「改善点」や「目標」を設定することで、自分の人生における「行動計画」や「実践方法」を立てることができます。自分の人生における「行動計画」や「実践方法」を立てることで、自分の人生における「成長」や「成功」を達成することができます。

次に、他人との人間関係を改善することは、自分の人生における「支え」と「刺激」を得るために重要です。他人との人間関係を改善するには、他人の感情や欲求、価値観や信念、強みや弱み、過去や現在、未来や理想など、さまざまな側面から他人を理解する必要があります。他人を理解することで、他人の人生に何が必要で、何が不必要で、何が幸せで、何が不幸であるかを知ることができます。

生き辛い未来自由に生きる方法

生き 辛い 未来 自由に 生きる 方法

他人との人間関係を改善するためには、アドラー心理学の考え方が役に立ちます。アドラー心理学では、人間は社会的存在であり、他者との共同体の中で生きることに意味を見出すという考え方です。アドラー心理学では、人間は他者との関係において「対等」であるという「水平思考」を主張しています。つまり、人間は他者との関係において、上下や優劣や勝敗を考えずに、互いに尊重し合い、協力し合うことができるということです。他者との関係において「対等」であることは、他者との関係において「信頼」や「愛情」を持つことでもあります。他者との関係において「信頼」や「愛情」を持つことで、他者との関係において「安心」や「楽しさ」を感じることができます。

他人との人間関係を改善するためには、他人の人生における「原因」と「結果」の関係を尊重することも重要です。他人の人生における「原因」とは、他人の考え方や行動です。他人の人生における「結果」とは、他人の状況や感情です。他人の人生における「原因」と「結果」の関係を尊重することで、他人の人生における「問題」や「課題」を認めることができます。他人の人生における「問題」や「課題」を認めることで、他人の人生における「改善点」や「目標」を応援することができます。他人の人生における「改善点」や「目標」を応援することで、他人の人生における「行動計画」や「実践方法」を支援することができます。

人生におけ「成長」や「成功」を祝福することができます。

自分自身を理解することと他人との人間関係を改善することは、相互に影響し合います。自分自身を理解することで、他人との人間関係において自分の立場や役割を明確にすることができます。他人との人間関係を改善することで、自分自身において自分の評価や自尊感情を高めることができます。自分自身と他人との関係において、バランスや調和を保つことが、自由に生きるための鍵です。

自由に生きるためには、時間の使い方も重要です。時間は、自分の人生における貴重な資源です。時間は、自分の人生における「過去」と「現在」と「未来」をつなぐものです。時間は、自分の人生における「行動」と「結果」と「反省」を繰り返すものです。時間は、自分の人生における「学び」と「成長」と「変化」を促すものです。

時間の使い方には、個人差や状況差があります。しかし、一般的に言えば、時間の使い方には、以下の3つのタイプがあります。

仕事や勉強など、自分の人生における「目的」や「目標」に関連することに時間を使うこと
趣味や遊びなど、自分の人生における「楽しさ」や「充実感」に関連することに時間を使うこと
睡眠や休息など、自分の人生における「健康」や「回復力」に関連することに時間を使うこと
これらの3つのタイプの時間の使い方は、それぞれにメリットやデメリットがあります。時間の使い方において、どれか一つに偏ると、自分の人生において不平衡や不満が生じる可能性があります。時間の使い方において、これらの3つのタイプをバランスよく組み合わせることが、自由に生きるためのコツです。

自由に生きるためには、お金の使い方も重要です。お金は、自分の人生における必要なものや欲しいものを手に入れるための手段です。お金は、自分の人生における「安全」や「快適」に関連することに使うことができます。お金は、自分の人生における「挑戦」や「冒険」に関連することに使うことができます。お金は、自分の人生における「贈り物」や「寄付」に関連することに使うことができます。

お金の使い方には、個人差や状況差があります。しかし、一般的に言えば、お金の使い方には、以下の2つのタイプがあります。

自分のためにお金を使うこと
他人のためにお金を使うこと
これらの2つのタイプのお金の使い方は、それぞれにメリットやデメリットがあります。お金の使い方において、どれか一つに偏ると、自分の人生において不幸や罪悪感が生じる可能性があります。お金の使い方において、これらの2つのタイプをバランスよく組み合わせることが、自由に生きるための秘訣です。

自由に生きるためには、自分の人生における「仕事」や「職業」についても考える必要があります。仕事や職業とは、自分の人生における「時間」と「お金」と「能力」と「関係」を使って、自分の人生における「価値」や「貢献」を生み出すことです。仕事や職業とは、自分の人生における「自己実現」や「社会参加」に関連することです。

カテゴリー: 10代, 20代, 未分類 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA