今は知識社会です

今は知識社会です

今は知識社会です

暇人オジサンの気付き

最近、ず~・・っと考えていたのですが、時代はITからAIにシフトして、単純な労働や記憶力を必要とする職業は賃金の高さ故、あまり‥必要では無い社会が…そこまで来ている気がします。         理由は明快です。 

企業経営にとって、ロボティクスやAIの方が導入に際して、補助金や申請で貸し付けがスムーズであり、後々…余計な福利厚生費や煩雑な税金処理作業や文句も出ないからです。‥こう考えるのは、ワタシが依然に企業経営者であり、日々、福利厚生や働き易さ人間関係に悩んだ経験でロクに
仕事もできづ、終いにはストレスで脳梗塞になったからでしょう。

今は知識社会です

 

また、この時代、ITスキルの習得に目途が付いた途端に、プロンプトスキルやAIのスキの無い【答】を導く為の幅広い視野と思考を得るための雑学も必要です。ともかく、高齢を言い訳に学びを怠る時点で【チャンス】を逃すワケですから、【知識社会】イコール【階層社会】では、『勝ち組』『上の部類』の階層に属する気づきとチャンスを多く得れると思ったほうがイイでしょう。

今は知識社会です

知識社会を生き抜く力それは、教育改革の必要性から生まれる

今は知識社会です

現代社会は、知識が社会のあらゆる側面において重要な役割を果たす「知識社会」と呼ばれる時代です。知識を活かせる能力は、個人や組織にとって成功への鍵となり、社会全体の繁栄にも不可欠です。

しかし、知識社会における「必要」とされる知識は、従来の教育で学んだ知識とは異なる様相を呈しています。知識社会で求められるのは、単なる知識の暗記ではなく、情報洪水の中で必要な情報を見つけ、それを分析し、創造的に活用する能力です。

教育改革の必要性

この変化に対応するためには、教育改革が不可欠です。従来の画一的な教育では、知識社会で求められる能力を育成することはできません。

学習指導要領の改訂は、その第一歩と言えるでしょう。しかし、単にカリキュラムを変更するだけでは不十分です。教師の指導方法や評価方法、学校全体の体制を変える必要があります。

知識社会に必要な能力

知識社会で求められる能力は、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

情報リテラシー▷:膨大な情報の中から必要な情報を見つけ、分析し、評価する能力

問題解 決能力▷:複雑な問題を分析し、解決策を導き出す能力

コミュニケーション能力▷:異なる立場の人々と協働し、情報を共有する能力

創造性▷:新しいアイデアを生み出し、形にする能力
これらの能力は、学校教育だけでなく、家庭や地域社会での教育活動を通じて育む必要があります。

子供たちにとっての課題

知識社会は、子供たちにとって多くの可能性を秘めた時代です。しかし同時に、多くの課題も存在します。

子供たちは、知識社会に必要な能力を身につけるために、自ら学ぶ意欲を持ち、積極的に学習活動に参加する必要があります。

学校における課題

学校は、子供たちが知識社会に必要な能力を身につけるために、以下の取り組みを行う必要があります。

・従来の詰め込み教育から、体験型学習や探求型学習への転換
情報リテラシー教育や問題解決能力育成のためのプログラムの導入
・教師の指導方法の改善
ICT環境の整備
・組織における課題(其々の問題)

組織は、知識社会の競争を勝ち抜くために、以下の取り組みを行う必要があります。

▶:従業員の能力開発への投資
▶:組織全体の学習を促進する仕組み作り
▶:多様な人材を受け入れ、活躍できる環境の整備
▶:日本における教育改革

日本は、1980年代に教育改革を行いましたが、その成果は限定的でし今後の知識社会の進展に伴い、早急で新たな教育改革が必要です。

日本政府は、教育改革に向けた議論を進めていますが、具体的な政策お呼び、骨子も不透明で、文化界の専門家頼りでは、今後の日本の発展や国際競争力が危惧されます


未来への展望

知識社会は、人間にとって未来であり、大きな可能性を秘めた時代です。しかし同時に、多くの課題も存在します。

これらの課題を克服するためには、本当の教育改革が不可欠です。

知識社会を生き抜く力を持つ子供たちを育てるためには、家庭、学校、地域社会が一体となって取り組む意識が必要です。

人工知能(AI)の時代

人工知能(AI)の進化は、知識社会に大きな影響を与えつつあります。AIは、知識社会で求められる能力を補完する存在となる可能性があります。日本での(AI)で問題を解決する方法や成果は広く理解され常識的方法にもなりつつあります。特にyoutube動画のサイトには…AI関連のコンテンツも多いようです。

しかし、AIの進化は、人間の役割の変化も意味します。AIを活用するために、人間は、より高度な能力を身につける必要があります。

知識社会の未来

知識社会は、今後も進化し続けるでしょう。変化に適応し、生き抜くためには、老若男女を問わず、常に学び続ける姿勢が重要で大切です。

知識社会は、人間にとって大きな可能性を秘めた時代です。

今は知識社会です

今は知識社会です

上部の『暇人オジサンの気付き』にも記述した通り、社会…全体の企業の経営者は生き残る為に必要経費の削減と効率化を進めるでしょう。

そして、必ず…政府はベーシックインカムを導入してGDPの底上げを図る時も近いでしょう。                   その時に皆さんは2組に分裂されます。

もしなしなくても、政府が給付する「11万円程度のお金で生きる人」 「11万円程度のお金では足りない人」                その時こそ、アナタの知識が足りない分お金を生み出すになります。これが【知識社会】であり【ホワイト社会】           そして、パンピーニートでも【知識社会】で勝てる方法を記述しているブログ記事が下剋上検索術という当サイトです。
 
 
カテゴリー: 10代, 20代, SEO関連, シニア世代, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA