普通は当り前では無く感謝が必要です

普通は当り前では無く感謝が必要です。

普通は当り前では無く感謝が必要です

私の意見

私はジジイですが20・30・40・50歳代を経験して得た確固たる確信に近い意見を持っています。                        10代後半から将来は社長を目指して、色々な体験と経験をしました。 

そして、30代の中期にIT関連の事業で起業しましたが、様々な困難を経験しましたが、本当に【まさか!】はありました。         
家に居る時に私は『脳梗塞』を体験して、直ぐに妻に【乳がん発覚】と、手術と妻の入院により、会社と社会からのリタイア私自身のリハビリを経験して、こうして今は「ボケ予防」の為にブログを書く日々です。                                                                                                        普通は当り前では無く感謝が必要です普通は当り前では無く感謝が必要です
IT関連の事業では、納品に間に合わす為、自家用車で速度制限を無視した挙句に、はてに民家に突っ込み、塀とガレージと台所を破壊、80キロの速度超過で逮捕の果て交通刑務所での短期お勤め…を体験し、勉強しました。
今は細々ではありますが、社長時代に得た資産やスキルのおかげで、庶民として普通の暮らしの中に【幸せ】を感じています。

そして、今は夫婦二人の暮らしを満喫して、感じることは、無理も無く、ストレスの無い・・安心できる生活が送れることを満喫している妻のことを考え、自分のしたい事を敢てしないことで得れる「しあわせ」に満足しています。

社会や会社にいれば、余計なストレスを受けたり、過剰な労務や気苦労も尽きません。‥一度、社会や会社を離れ、自由を選択すると、【何か】が変わります。  【何か】は其々の人によって違うでしょう。

但し、日々…お金は必要ですので、お金に困らないスキルや貯蓄や資産は必要です。

・・・・・無責任ですが、人の一生は、幼年期・青年期・中年期・老年期・晩年期があるようで、人は老年期を迎えて、初めて人生の意味や先人の知恵を理解できるようです。なので、どんな人でも老年期を迎えるまでは、【はなたれ小僧】なのでしょう。

だからこそ、当ブログit スクールで学び得たこと】のスキルの獲得や、
足るを知る意識】にある意識の改革が必要です。

普通は当り前では無く感謝が必要です

普通は当り前では無く感謝が必要です

当たり前に潜む奇跡▶感謝の心を呼び覚ます日常

「当たり前」という言葉は、私たちの生活に深く根付いています。朝起きて、朝食を食べて、仕事や学校に行く。家族と団らんし、眠りにつく。これらの日常は、まるでレールの上を滑るように淡々と進んでいく日常です。しかし、その「当たり前」の連続こそが、奇跡の連続であることに、私たちは気づいているでしょうか?

言葉の重み▶感謝の気持ちを伝える

自分から感謝の気持ちを伝える言葉は、相手との心の距離を縮め、関係を深める力を持っています。しかし、日々の忙しさに追われる中で、私たちはつい「ありがとう」の言葉を忘れてしまうのです。照れや遠慮も、感謝の気持ちを伝える障壁となります。しかし、その言葉を伝えることによって、相手だけでなく、自身の心も温かくなることを忘れてはいけません。

幸せの源泉▶日々の小さな奇跡

仕事で成果が出た、家族との時間が楽しかった、美しい景色を見たなど、幸せの形は人それぞれです。しかし、その幸せは決して当たり前のものではなく、努力の末に得られた成果です。家族との絆、自然の美しさなど、全てに感謝の気持ちを持つことが大切だと思います。

感謝の循環▶仕事と生活を豊かに

仕事においても、感謝の気持ちは大きな効果を発揮します。周囲への感謝の気持ちは、チームワークを強化し、仕事全体の質を向上させます。また、顧客への感謝の気持ちは、相手との信頼関係を築き、さらなる発展へと繋がります。感謝の循環を生み出すことによって、仕事と生活をより豊かにするこも多々あります。

健康への感謝▶当たり前ではない奇跡

健康な体があってこそ、日々の生活を送ることができます。しかし、健康は決して当たり前のものではなく、病気や怪我は、いつ誰にでも訪れる可能性があります。健康な体を維持するために、日々の生活習慣を見直し、感謝の気持ちを持って健康管理に取り組む必要があります。【本当にマサか!!】はあります。

私たちに必要なこと▶感動と経験

感動や経験・体験は、私たちの人生を豊かにしてくれます。感動は心を揺さぶり、新たな視点も与えてくれます。経験は知識やスキルを磨き、自己を成長へと導いてくれます。これらの貴重な機会に感謝し、積極的に経験を積み重ねることが重要です。

学校生活への感謝▶学びの場への敬意

学校は、知識や技能を学び、社会で必要な人材へと成長するための場であるのです。教師や仲間への感謝の気持ちを持つことはもちろん、学習環境への感謝の気持ちも忘れてはいけません。学校生活を充実させるためには、学びの場への敬意と感謝の気持ちが不可欠です。

当たり前ではない日常▶奇跡への気づき

「当たり前」(あたりまえ)という言葉の背後には、多くの人の努力や支え、そして奇跡が隠されているます。日常の些細な出来事にも感謝の気持ちを持つことによって、私たちはより豊かな人生を送ることができます。
着るものがある。食べるものがある。雨露をしのげる家がある。愛する家族に愛を伝えることができる。すべてに感謝

この名言は、私たちに感謝の必要性を訴えています。物質的な豊かさだけでなく、精神的な豊かさにも感謝の気持ちを持つことが重要でです。

日々の感謝を習慣化▶人生を輝かせる

感謝の気持ちは、意識的に育む必要があります。日記や感謝リストなど、感謝の気持ちを記録する方法も有効です。日々の生活の中で、小さな幸せや奇跡に目を向け、感謝の気持ちを忘れないように心がけましょう。
感謝の心で輝く人生とは、当たり前ではない日常に感謝し、周囲の人々との繋がりを大切にすることによって、私たちはより幸せで充実した人生を送ることができます。感謝の心は、私たち自身だけでなく、周りの人々をも幸せにする力を持っているのです。

普通は当り前では無く感謝が必要です

普通は当り前では無く感謝が必要です

感謝の気持ちを育む方法
日常生活の中で、感謝の気持ちを育むためには

いくつかの方法があります。

1. 感謝の気持ちに気づく

まず、日常生活の中で「当たり前」と感じていることに目を向け、そこに潜む奇跡や感謝すべき点に気づくことが大切です。

2. 感謝の気持ちを言葉で伝える

「ありがとう」の言葉を積極的に伝えるようにしましょう。照れずに、素直な気持ちで感謝の気持ちを伝えることが重要です。

3. 感謝の気持ちを記録する

日記や感謝リストなどに、感謝の気持ちを書き出す習慣をつけましょう。書き出すことで、感謝の気持ちをより深く意識することができます。

4. 感謝の気持ちを行動で示す

感謝の気持ちは、言葉だけでなく行動でも示しましょう。相手のために何かをすることで、感謝の気持ちをより具体的に伝えることができます。

5. 感謝の気持ちを共有する

家族や友人と、感謝の気持ちについて語り合う時間を作ると良いでしょう。互いの感謝の気持ちを共有することで、感謝の気持ちがより深まります。

6. 感謝の気持ちを持つ習慣を作る

毎日決まった時間に感謝の気持ちを振り返るなど、感謝の気持ちを持つ習慣を作ることが大切です。

7. 感謝の気持ちを持つ人を身近に置く

感謝の気持ちを持つ人を身近に置くことで、自然と感謝の気持ちが育まれます。

8. 感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ちは、一時的なものではなく、常に持ち続けることが大切です。

9. 感謝の気持ちを楽しむ

感謝の気持ちを持つことは、自分自身を幸せにする力を持っています。感謝の気持ちを楽しみながら、生活を豊かにしていきましょう。

まとめ
感謝の気持ちは、私たちの生活をより豊かにしてくれるかけがえのないものです。日々の生活の中で、感謝の気持ちに意識を向け、様々な方法で感謝の気持ちを育んでいきましょう。

カテゴリー: 10代, 20代, SEO関連, シニア世代, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA