ニートが社会で勝つ方法

ニートが社会で勝つ方法

ニートが社会で勝つ方法

ニートっていう存在は皆さん…ご存じでしょうし、聞いたこともあるでしょう。簡単に言えば、学校に通わず、仕事もしていない人のことです。…というのが前振りですが、もしアナタがニートで、一般社会や世間で活躍したい!って思っているなら、このブログ記事が役に立つかもです!。

私しも以前は、いっぱしの社会人でした。

当時は3階建ての一軒家に住み、投資用の不動産も持ち、外車に乗り、オーダーメイドのスーツを着て、いつもジュラルミンで出来たブリーフケースを持ち歩き、ヨコハマと名古屋の往復をしていました。・・・・・・・

が、ある日、突然、脳梗塞に襲われて障碍者になりました。‥ヨコハマでは提携会社の女性社長が所有している白いハードトップのベンツを乗り回し、絵に描いた様なイヤミな『勝ち組』を気取っていました。また、周りの人達も同じ人種でしたので‥それが、当たり前のことでしたので、そんな生活が当り前でした。

当時は3階建ての一軒家に住み、投資用の不動産も持ち、外車に乗り、オーダーメイドのスーツを着て、いつもジュラルミンで出来たブリーフケースを持ち歩き、ヨコハマと名古屋の往復をしていました。・・・・・・・

が、ある日、突然、脳梗塞に襲われて障碍者になりました。‥ヨコハマでは提携会社の女性社長が所有している白いハードトップのベンツを乗り回し、絵に描いた様なイヤミな『勝ち組』を気取っていました。また、周りの人達も同じ人種でしたので‥それが、当たり前のことでしたので、そんな生活が当り前でした。

2度も脳梗塞を発症すると企業で働くのは無理なので、障碍者として暮らしていますし、最早、ジジイなので年金頼りで、質素に暮しています。…が、ボケ老人になるのは嫌なので頭と指を使うボケ予防として、ブログを書いています。

私は未だに、未練タラタラで正社員としての価値を知る為に就職エージェントに相談してみたら?!…私の経歴から算出した価値は月収が1,500万円だとは、驚きました。しかし、現実は再就職活動は無理だし、ハッキリ言って社会復帰は辛いし、企業の採用は無理だと思っています。

但し、今の企業に通用するスキルやキャリアや経験知はあるので、生活の為の生きる不安はありません。希望や成功は若者だけの特権ではありません。年齢や状況に関わらず、いつも希望や意欲は持っています

ニートが社会で勝つ方法 の執筆者の顔写真

ニートが社会で勝つ方法

一般的な社会復帰の方法論

ニートから社会復帰する方法【ステップで解説】

規則正しい生活をする
昼夜逆転生活を送っているニートは、社会復帰のスタートラインに立てません。
早寝早起きを徹底しましょう。(ニート生活で崩れた一般的な生活サイクル時間を取り戻す)

■アルバイトから始める
ニート生活が染み付いている場合、一気に正社員になるのは負担が大きいです。
アルバイトから始めて、少しずつ社会に慣れていきましょう。

■正社員を目指す
規則正しい生活をして、アルバイトを始めることができたら、面接の場数をこなして自信をつけましょう。
面接での経歴の空白期間や志望動機についても準備しておきましょう。


ニート生活者が社会復帰する時にぶつかる壁

■経歴の空白期間をツッコまれる
履歴書の経歴に空白期間が生まれるため、面接官からツッコまれる可能性が高いです。
空白期間をポジティブに言い換えるか、自分の弱さを素直に認めることが大切です。

■志望動機
面接で志望動機を聞かれる際、選考を受ける企業のホームページを見ている感をアピールしましょう。
自分の経歴もプラスすると好印象です。

■体調面の不安
社会復帰できても体調面に不安を抱えている人は多いです。
過去の自分と向き合い、どう改善できるか考えてみましょう。
ニートから社会復帰することは可能です。自信を持って行動し、成功を目指しましょう!

参考にしたホームページのURL   
 
 
 
 
 

ニートが社会で勝つ方法

ブログ記事の上部で述べたのは只の建て前です

本音はこうです。

私はもはや、ジジイなので…今更、『金持ちになりたい』・【有名になりたい】・《楽したい》などの欲望はきえました。自分の人生には幾度も(まさか)が有り、スッカリ人生観も変わりました。

結構~・・満足できる人生でしたが、『やり残した役目』が有るような気がしていました。・・・・・・それが(誰かの役に立つ)という漠然としたモノです。そして、調べれば調べるほど、【誰かの役に立つ】モノがありました。

それが、当ブログ【ブログを書いて自由になる】であり、

下剋上検索術】でした。

この2記事の内容は、全くの真実ですが‥核心部分2点の記載はしていません。

全体では、95%の完成であり、ホワイトハット的なSEOで【情報】なのです。内容に従えば「被リンク」が無くて検索上位可能なのですが、信じる・信じないは自由です。 できれば、現在ニートの方々に実践してほしいのです。何故なら、私も対面で感じる恐怖感や目線の侮蔑感を体験しているからであり、そんな人こそ「胸をはれる」経験をしてほしいからです。‥誰だって勝者になる方法があるのを愛って下さい。

 
 

あとがき

私は嘘が嫌いなので、敢て書きますが、ブログアフェリエイトで稼ぐには決まったセオリーがあり、【誰かの役の立つ情報でなければ検索上位は叶わないのです。それは、どんな商売でも同じです。そして、自分のコトバで記事を書くことも大切です。・・・また、検索1位よりも下位の方がアフェリエイトに良い場合もります。あえて下位を選ぶ方が稼げるのです。正に当ブログ記事がそうです。検索1位にもなれますが、それが100%ではありません。 100%の「検索SEOげ最も大事な11項目+α」の公開は4月下旬を予定しています。

今、日本には推定で50万人ものニートの方々がいます。      パワハラ、モラハラ、いじめなどが、ニートや無職になるきっかけとなった人が多数という結果に繋がった…ようです。 また、過重労働や仕事のストレスが原因で働けなくなった人もいました。 人間関係や労働環境のトラウマから、「また同じ目にあうのでは?」と思い転職に踏み切れなかったり、働く意欲がなくなったりするケースが多いようです。  2024/03/19


検索順位が高ければ高いほどCTRは向上し、表示回数(IMP)と訪問者数(PV)の増加に繋がります。
検索エンジンはユーザー体験を重視しており、CTRが高いページをユーザーにとって価値があると判断し、順位を上げる傾向にあります。

検索順位とクリック率の関係は、日本・アメリカ・イギリスいずれも、検索順位が高いほどクリック率も高くなっています。

2021年にseoClarityが行った調査によると、日本におけるGoogle検索結果の1位のクリック率は13.94%で、2位は7.52%、3位は4.68%です。

SEOでCTRを高める(改善する)には、ページタイトルとメタデイスクリプションを工夫したり、強調スニペットの対策をしたりすることが有効です。             https://www.google.com/search?q=%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E9%A0%86%E4%BD%8D%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8BCTR%E3%81%AF&oq=%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E9%A0%86%E4%BD%8D%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8BCTR%E3%81%AF&gs_lcrp=EgZjaHJvbWUyBggAEEUYOTIKCAEQABiABBiiBDIKCAIQABiABBiiBNIBCjcyMjcwajBqMTWoAgCwAgA&sourceid=chrome&ie=UTF-8より転載

CTRとは、日本ではクリック率を指しています。つまりは、記事である文中のアフェリエイト記事や商品の成約率の大まかな指標です。

本当の成約率は100アクセスに1件と考えるべきでしょう。     つまりは、一つの記事への100アクセスに対して、1件の成約が生まれと考えるのが妥当でしょう。


  ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)

▶第1章 ニート状態にある若者に対する調査結果
〇1.支援機関利用者に対する調査結果
ニートの状態にある若者の出身家庭は非常に幅広い
ここで調査されたニートの状態にある若者の出身家庭は非常に幅広く、あらゆる経済状況の出身者がいると考えられる。「あなたの家の暮らし向き」は「ふつう」47.1%、「やや苦しい」28.0%、「やや余裕がある」10.8%、「非常に苦しい」8.9%、「余裕がある」3.3%であった。

学校教育段階で躓きを経験している者が多い
進学率は同世代の水準からみて特に低いとはいえないが、高校、大学・短大、専門学校の各段階での中退者はあわせると3割を超え、在学中の1ヶ月以上の長期欠席経験者も高校で16.6%、大学・短大で25.8%いる。そして全体の37.1%が不登校を経験している。

8割近くが何らかの職業経験を持っているが、熟練を要しない仕事の経験者が多い
これまでに「連続一か月以上就労した経験」のある者は79.0%。その就労経験回数は平均2.6回である。経験した職種は「サービス職」「生産労務職」「営業販売職」が多く、その雇用形態は「アルバイト」であることが多い(のべ雇用経験の64.4%)。全体としては熟練を要しないアルバイト就労が目立つ。なお一週間未満の就労経験は、全体の44.1%に見られた。

学校でのいじめ、ひきこもり、精神科・心療内科の受診経験のある者が約半数
11の項目を挙げてこれまでの生活経験を尋ねた。半数以上が経験していたのは「ハローワークに行った」75.8%、「面接を受けるために会社に電話した」68.2%、「就職の面接を受けた」64.8%、「学校でいじめられた」55.0%、「自分から会社を辞めた」55.0%

また、全体の半数弱が、「ひきこもり」(49.5%)、「精神科又は心療内科での治療を受けた」(49.5%)、経験があることがわかった。なお、精神科又は心療内科での治療は、もともとメンタル面の問題があってニート状態になったケースと、ニート状態になったことがメンタル面の問題につながっているケースの両方があると思われる。

対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ
一般的に就労に必要と思われる基礎的スキル6項目について苦手意識があるかを尋ねた。「人に話すのが不得意」が64.4%と突出しており、対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。

26項目を挙げて就労に必要な生活行動の苦手意識を尋ねると、「面接に通る」(75.1%)、「面接で質問に答える」(64.8%)、「職場で友達をつくる」(64.6%)、「上司から信頼される」(64.1%)といった項目の苦手意識が目立つ。

一般的な対人関係を含め、コミュニケーションの苦手意識は今回調査されたニートにかなり広く共通する特性である。コミュニケーションの苦手意識が不登校、いじめ、ひきこもり、職場の人間関係のトラブルといったネガティブな体験につながり、苦手意識がさらに増幅されて就労が困難な状況に追い込まれたケースが多いと思われる。

また、「仕事を覚える」(57.2%)、「仕事で失敗を繰り返さない」(59.8%)、「教えてもらわなくても周囲のやり方を見て覚える」(60.2%)等仕事に関して苦手意識を持つ者も多い。

ニート状態にあることに精神的な負担
29項目を挙げて一般的な生活意識、生活価値観を尋ねた。肯定的反応が80%を超える項目は、「仕事をしていないとうしろめたい82.8%、「社会や人から感謝される仕事がしたい82.5%、「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる80.9%、「どこでも通用する専門技能を身につけたい」80.4%であった。80%前後がニート状態であることを「うしろめたい」「世間体が悪い」と感じており、ニート状態にあることが精神的な負担になっていることがうかがえる。

「将来への希望」、「対人関係」、「仕事への期待」に消極的意識
生活意識、生活価値観に関わる29項目中23項目について2006年4月の新入社員の調査値と比較した。差が大きかった項目は「職場の同僚、上司、部下などとは勤務時間以外はつきあいたくない」「仕事はお金を稼ぐための手段であって、面白いものではない」(以上新入社員より多かった項目)、「自分はいい時代に生まれた」「世の中は、いろいろな面で今よりもよくなっていくだろう」「明るい気持で積極的に行動すれば、たいていのことは達成できる」(以上新入社員より少なかった項目)。新入社員との比較においてニートの状態にある若者の意識面の特性は、「将来に希望がもてない」「対人関係の苦手意識」「仕事に多くを期待しない」ことに要約される。

〇2.若者自立塾で支援を受けた若者に対する調査結果
※調査方法は若者自立塾トレーナーによる面接質問紙法調査

43.5%が訓練期間内の就労を達成しているが、その多くは月収10万円程度のアルバイト
在塾中になんらかの職業的資格を取得した者は36.4%(取得準備中を除く)であった。活動の終えた方は「満期修了」が68.2%、「早期修了」が3.7%、「中途退塾」4.9%である。「就業にいたった」者は43.5%、「求職中など」が23.0%で、在塾中に「就業できなかった」者が33.5%いる。「就業にいたった」者の雇用形態は、「正社員」19.1%、「アルバイト」49.4%、「契約社員・臨時社員など」21.9%であった。ニート期間と就業の成否との関係を見ると、「3年超~5年以下」の50.7%がもっとも高く、以下「1年超~3年以下」45.1%「1年以下」44.2%、「5年超」42.3%となる。

自立塾で支援を受けた者の43.5%が訓練期間内の就労を達成しているが、その多くは月収10万円程度のアルバイトであり、この状態では経済的に自立しているとは言いにくい。自立塾の支援は、これまで半ばあきらめていた就労の第一歩を達成させているケースが多いことに留意し、修了者に対しても引き続き支援が必要と思われる。

自立塾の支援内容(「生活訓練」「就労体験」「職業訓練」)への評価は高い
各自立塾では様々な独自のプログラムを用意しているが、それを「生活訓練」「就労体験」「職業訓練」の三種に分類し、それぞれについて「トレーナーから見た参加の積極性」「トレーナーから見た効果」「塾生の感想」を4段階評価で聞いた。各プログラムを終えていない「無回答・非該当」を除くと、どの項目についても60%前後がもっとも高い評価(「積極的」「効果的」「役立った」)を与えている。また、20%前後が二番目に高い評価(「やや積極的」「やや効果的」「やや役立った」)を与えている。

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/06/h0628-1a.htmlより転載

カテゴリー: 10代, 20代, SEO関連, シニア世代, ブログ初心者 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA